|会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら

|商品検索

|商品カテゴリー

ヘッドホン
アンプ・プレーヤー
ケーブル・アクセサリー
スピーカー
マイク・マイクアクセサリー
スペシャル
ヘッドフォン









|カート
カートの中を見る

|売れ筋商品
JBL EVEREST 100
Beyerdynamic DT1990 PRO
NuForce BE Sport3
AKG Y50BT
AKG K712 PRO
FiiO X5 3rd gen
Beyerdynamic DT1770 PRO
AKG K271 MKII
Beyerdynamic T1 2nd Generation
SHURE SE215
NuForce BE6i
SHURE SE846
WESTONE W60
ULTIMATE EARS UE900s
AKG Q701
RHA T20
WESTONE W40
RHA MA750
WESTONE UM PRO30 CLEAR
Beyerdynamic AMIRON HOME

|フリーページ
イヤホンとイヤホンジャックのお手入れ方法
ランキング
製品保証・免責事項
イヤホン・ヘッドホンのメーカー
ヘッドホンのドライバーユニットについて
ヘッドホンの種類
ヘッドホンの歴史
イヤホン・ヘッドホンの断線の予防策
音楽が人に与える影響とは
ヘッドホン選びの豆知識
正しくヘッドホンを使う
用途別で選ぶヘッドホンの選び方

RSS
ATOM

今では多くの方がイヤホンを使用していると思います。しかし、イヤホンのお手入れをしているという方は少ないように感じます。イヤホンは予想以上に早く汚れてしまうものです。また、イヤホンが汚れていると音質にも影響が出るようです。イヤホンだけでなくイヤホンジャックも汚れていると音質に影響が出ます。下記では、イヤホンとイヤホンジャックのお手入れ方法についてご紹介しております。

■イヤホンのお手入れ

・インナーイヤー型イヤホン インナーイヤー型イヤホンは、スピーカー部分にホコリなどが溜まると音質が悪くなります。それらのホコリを除去することで音質が改善されます。まず、耳に入れる外側の部分をぬるま湯や石鹸を含ませた布で綺麗に吹きましょう。そして、金属の部分はきちんと乾かした歯ブラシなどでブラッシングしてください。

・カナル型イヤホン

カナル型イヤホンのイヤホンは、スピーカー部分からラバー部分を取り外すことが可能です。ラバー部分は、ウェットティッシュなどで綺麗に拭いてください。金属の部分は、インナーイヤー型イヤホンと同じようにブラッシングしてください。

■イヤホンジャックのお手入れ

まず、大きなホコリをエアダスターで吹き飛ばします。ある程度ホコリを飛ばしたら、綿棒を使ってイヤホンジャックの中を綺麗にしてください。綿棒をウェットティッシュで少し湿らすと綺麗に汚れを取ることができます。 当社では、低価格で高音質のイヤホンを販売しております。iPhoneなどでもっと音楽を楽しみたい方は、是非当社のイヤホンを使用してください。イヤホンについてあまり分からないという方は、ランキングを見て人気の高いイヤホンを購入するといいでしょう。おすすめの商品は、DN-2000などです。

ブランド一覧
ページの先頭へ