|会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら

|商品検索

|商品カテゴリー

ヘッドホン
アンプ・プレーヤー
ケーブル・アクセサリー
スピーカー
マイク・マイクアクセサリー
スペシャル
ヘッドフォン









|カート
カートの中を見る

|売れ筋商品
JBL EVEREST 100
Beyerdynamic Xelento remote
Beyerdynamic DT1990 PRO
NuForce BE Sport3
FiiO X5 3rd gen
AKG K712 PRO
NuForce BE6i
FiiO A5
AKG K702
Beyerdynamic DT1770 PRO
FiiO X5 2nd gen
RHA MA750
JBL CONTROL 1 PRO BLACK
FiiO X1 2nd Gen
AKG Q701
WESTONE W60
SHURE SRH440
Beyerdynamic AMIRON HOME
AKG Y50BT
AKG K271 MKII

|フリーページ
イヤホンとイヤホンジャックのお手入れ方法
ランキング
製品保証・免責事項
イヤホン・ヘッドホンのメーカー
ヘッドホンのドライバーユニットについて
ヘッドホンの種類
ヘッドホンの歴史
イヤホン・ヘッドホンの断線の予防策
音楽が人に与える影響とは
ヘッドホン選びの豆知識
正しくヘッドホンを使う
用途別で選ぶヘッドホンの選び方

RSS
ATOM
音楽を聴くのに欠かせないヘッドホン。日頃何気なく使用していますが、とても便利ですごい技術だと感じたことはありませんか?
そんな便利なヘッドホンは、どんな方がどんな目的で作られるようになったのか、こちらでは、ヘッドホンの歴史について遡ってみたいと思います。

【ヘッドホンの歴史】

最初にヘッドホンが登場したのは、遡ること1881年頃。当時は電話交換手のために作られたヘッドホンでした。その後、アメリカ合衆国のAmerica The Beautifulが発表された1895年には、柄付きの下から手で支える歪な形状をしたヘッドホンが発明されました。 現在の形状に近いヘッドホンが発明されたのが、1910年。その後、何年もの改良を重ね製造されたのが1937年。ドイツの音響機器メーカーBeyerdynamic社が発表したダイナミック型「DT48」です。現在のダイナミック型のヘッドホンの原型ともなるモデルです。コードも現代のものに近いしっかりとしたもので、当時は、主にプロ用として使用されていました。 1949年には、以前のものと比べ、スタイリッシュなオーストラリアのAKG製のヘッドホンが発売されました。このヘッドホンの反響により、AKGは音響メーカーとして欧米で有名になります。 1958年には、アメリカのジョン・C・コスが手がけたヘッドホンが販売されたことにより、コス社の人気が一気に上昇していきます。 日本ではじめてヘッドホンを発売したのが、1959年。エレクトロスタティック型の発売は、日本人の間で話題となり、1960年には一般家庭にも普及していきました。 その後の1979年には、ヘッドホンの市場を大きく揺るがす音楽プレーヤー史に残るSONYのウォークマンが発売されました。これを機に音楽プレーヤーは、携帯して聴くものという概念が生まれたのです。 その後も改良を重ね、現代のコンパクトでスタイリッシュなヘッドホンへと進化していったのです。

当社では、SONYをはじめ、Marshall、DUNU、Ultrasoneのヘッドホンをご紹介しております。 ヘッドホンをご購入予定の方は、是非当社をご利用ください。

ブランド一覧
ページの先頭へ